babikuuのblog

商品紹介
赤色光よりも視覚的に見やすいとされている緑色光の緑レーザーソード指示を搭載。明るい部屋でも使用が可能です。
先端部分を回すことで、レーザー形状を丸形・矢形の2パターンの形状に変更可能です。
緑色の光線が約200m先まで照射できます。 赤色光より見やすい緑色光レーザー搭載で、明るい部屋でも使用可能なグリーンレーザーポインター。
出力パワー:1000mW
レーザーカラー:緑色1000mWレーザーポインター
カラー: ブラック
電源:16340電池
波長:532nm 動作温度 :15℃~+30℃
保存温度: -10℃ - +40℃
セット内容 :1000mWレーザーポインター X1
16340電池 X3
充電器 X1 ギフトボックス包装 X1

高出力532nm1000mwグリーンレーザーポインター

このレーザーポインター手袋 屋内は外側と天文の使用に最適です、そのビームは特に夜間表示されていることをお勧めします。そのビームは、明るさがわずかに低下した場合、日によっても見える。

1000mw 緑色レーザーポインター

532nm  1000mw 緑色レーザーポインター

http://aiwodebulo.jimab.net/e988605.html

http://www4.hp-ez.com/hp/laserpointerjp123/page1

http://www.dclog.jp/en/8348121/555079195

次に、まだまだ珍しい青い光を放つ緑色レーザーポインターで すが、ブルーレーザーはまだとても高価です。当サイトの価格をご覧いただければわかるとおり、かなりの高価格帯に位置しています。しかし、それでも科学の 分野など、さまざまなシチュエーションで必要不可欠なレーザーとなりつつあり最近ではBlu- rayなどの活躍により多少は量産効果により安くなってきた感はあるのですが、まだまだブルーレーザーダイオードは”極めて高い”のが現状です。光線を楽 しむだけでも、十分魅了的なレーザーのひとつです。青い光線なんてそうそう見ることができませんからね。
ブルーレーザーの光はとてもきれいですが、緑色レーザーとは違い、同じ出力でも暗めに見えてしまうので、はっきりとしたブルーレーザーを楽しみたい方は、やはり高出力のブルーレーザーを購入するほうがいいでしょう。早くもっとお手ごろな価格になるといいですね。
オレンジ/イエローのレーザーポインターは、高出力レーザーポインターと同じ様な波長変換技術が必要です。
且つ実用途が限られる為にあまり量産されてないので、希少価値により価格が高くなってしまっているのが現状です。

マウス機能、パワーポイント操作機能、10000mwレーザーポインター機能の3つの機能を集約したワイヤレスレーザーポインターです。マウスモードとプレゼンモードはボタンひとつで簡単切り替えできるので、シーンに合わせたスムーズな操作が行なえます。
ワイヤレスなのでパソコンが近くになくても操作可能で、パソコンの画面を見る必要がないので円滑にプレゼンをすすめることができます。レーザーポインターは最大約100m届くレッドレーザーを採用しています。

http://ameblo.jp/kutamono/entry-12007167884.html

http://kutamono.skyrock.com/3247576252-posted-on-2015-03-28.html

このページのトップヘ